• LinkedIn
  • Check our Flickr

ルクミニ奨学生の紹介

学生たちの紹介
2012年の春からルクミニ財団が支援している学生たちを紹介しましょう。この女の子たちは、Mr. Kedar Nath Acharyaが率いる選考委員会によって選ばれました。彼女たちは、家の経済状況、現在の学年そして勉強に対する熱意を基準として選ばれました。財団は、Pharping地域において、子供たち(特に娘たち)を教育しないことの危険性について、親たちに知らせるためのアドボカシー活動も行います。
2012年4月の新学期から奨学金プログラムが始まった学生たちは皆、親にとって娘は経済的負担ではなく、むしろ家族とコミュニティーにとっての希望となることを証明したいと強く願っています。あなたの支援を受けてエンパワーされた女の子たちが実際にどのようなことを達成することができるか、彼女たちは示してくれるでしょう。

Sonu
年齢:13才
現在の学年:7年生
好きな科目:科学、健康
将来の夢:看護師


私の家族は、私、私の両親そして祖父母の5人家族です。私たちの生活は、庭師として働く父の収入にかかっています。私たち家族は、土地や家畜を所有していません。もし勉強を続けることができるなら、私は看護師になって村の健康状態を改善したいです。私は一人っ子ですが、女の子なので、私の両親は私の教育に投資しても無駄だと考えています。私は両親の考えが間違っていることを証明したいです。両親が授業料を支払わなければならないのであれば、私は高校に進むことができないでしょう。

Sarathi
年齢:13才
現在の学年:8年生
好きな科目:社会科、ネパール語
将来の夢:ソーシャルワーカー


小さい時から、私には軽度の聴覚障害があります。治療のためにたくさんの病院に行きましたが、まだ少し障害が残っています。私はとても勉強がしたいので、障害があるからといって学校に行くことを止めませんでした。私の両親はとても貧しいです(私の母は2回足を骨折しているので、それほど健康でもありません)。両親は私に、学校に行かないで家にいて弟と家畜の世話をするよう、言いました。もちろん家の手伝いもしたいですが、学校にも行きたいです。両親は私の学費の支払いが大変だ、とよく言います。両親のサポートなしでどのように勉強をつづけたらいいかわかりません。私は将来、ソーシャルワーカーになりたいです。なぜなら、私と同じような状況にいる貧しい男の子や女の子を助ける夢を持っているからです。

Dikshya
年齢:13才
現在の学年:8年生
好きな科目:数学、社会科
将来の夢:会計士


私の父は大工ですが、この二年間仕事がありません。母は農業労働者として働いています。5年生になる弟が1人います。大きくなったら会計士になって、村の近くの銀行で仕事をしたいです。銀行で働くことで、地域の人々が自分たちのビジネスのための融資を得る手助けをしたいと願っています。父は失業しているので、私を学校からやめさせたいと考えていますが、弟の勉強は続けさせたいと思っています。それはとても不公平だと思います。私は財団の支援を受けて、高校で引き続き勉強したいです。

Rabina
年齢:14才
現在の学年:8年生
好きな科目:数学
将来の夢:医者


私は5人兄弟の末っ子です。3人の姉と1人の兄がいます。私と1人の姉は今まで学校に通うことができているのでラッキーです。私は8年生で、姉は12年生です。彼女は学校から奨学金を支給されたので、高校に行くことができました。もし彼女のように奨学金が得られない場合は、他の2人の姉と同じように私も退学しなければなりません。2人の姉は今、家族をサポートするために働いています。姉の1人は花屋で、もう1人は小さなオフィスで働いています。兄は10年生で、両親は彼の授業料を支払っています。農業労働者として働く私の両親は、もう私の学費を支払うお金​​はない、と言っています。

Junu
年齢:13才
現在の学年:8年生
好きな科目:科学、ネパール語
将来の夢:看護師


私は靴屋の家族に生まれました。つまり、他の人たちは私が低いカーストであるとみなします。私の母は父の2番目の奥さんで、父には最初の結婚から他に3人の子供がいます。だから、私の家族は7人います。私の母と継母が同じ家に住んでいるので、家庭内でもめ事がよく起こります。家の環境は勉強のために適していませんが、私はいつもクラスでトップ5に入っています。家族の人数が多いので、父は私たち全員の授業料を支払うことはできません。財団の支援がなければ、私は来年高校に行くことができないかもしれません。

Susmita
年齢:13才
現在の学年:8年生
好きな科目:英語
将来の夢:英語教師


私は低いカーストに属しています。法律的にはみんな平等ですが、私の家族はよく差別を受けます。私の将来の目標は、村のカレッジで教える英語教師になることです。私には、近くの学校で11年生になる兄が1人います。両親は小さな土地で野菜を栽培していて、収入源はとても限られています。財団もしくは他の奨学金の支援がなければ、私は勉強を続けることができなくなりますし、英語教師という夢もあきらめなければなりません。兄は現在、奨学金をもらって勉強しています。両親は理解を示してくれますが、財政支援なしでは学校をやめなければならないかもしれません。その場合には、私や家族が望むよりもずっと早く結婚しなければなりません。

Pooja
年齢:14才
現在の学年:8年生
好きな科目:数学(代数)
将来の夢:看護師


私の家族は、Makwanpurという近くの地域からこの村に移住してきました。私には2人の姉妹がいて、1人は10学年で勉強していてもう1人は4学年で勉強しています。2年生になる弟も1人います。私の父は生活のために花を販売し、母は他の人の畑で働いてお金を稼いでいます。私は父が花を売る手伝いをし、姉が母の家事を助けます。両親は私たち全員の授業料や学校費用を支払うことはできません。まだ将来のことはわかりませんが、看護師になれたらいいなと思います。困っている人を助けることが好きなので、村の医療センターで看護師として働きたいです。

Sujata
年齢:14才
現在の学年:8年生
好きな科目:英語
将来の夢:医療関係の仕事


私の家族は、妹、両親と私の4人家族です。父は塗装業者として働いていますが、仕事はとても不規則です。年に4ヶ月くらい仕事があります。母は農業労働者として働いていますが、彼女の仕事も不規則です。私たちは小さな土地を持っていますが、作物栽培には適していません。妹は同じ学校の6年生です。私は勉強がとても好きで、クラスでトップ10に入っています。将来は薬に関係する仕事をして、村の健康状態を改善する手伝いをしたいです。私は、カトマンズの国連事務所で働く遠い親戚にあたる人に触発されました。彼は村に医療センターを作る手助けをして、医療センターはとても良い活動をしています。私もいつの日か彼のようになりたいです。

Samjhana
年齢:13才
現在の学年:8年生
好きな科目:英語、科学
将来の夢:村でヘルスケア・ワーカー


私の家族は、両親、3人の兄、義理の姉、そして姪の8人家族です。2人の兄はカトマンズでバスの運転手として働いていて、もう1人の兄は11年生です。父は近くのお寺で乳製品を販売していて、母と義姉は農業労働者として働いています。私は勉強を続けたいと思っています。なぜなら、村の健康と福祉を向上させるために一生懸命に働いているヘルスケアのボランティアの姿に感動したからです。私も将来は同じ仕事をしたいです。私は女の子ですが、クリケットをするのが好きです。クリケットは男の子のためのスポーツと思われています。でも私は大好きですし、私のような女の子がいつか村でプレーできたらいいな、と思います。

Deepika
年齢:13才
現在の学年:9年生
好きな科目:経済学
将来の夢:ソーシャルワーカー


私は、母、叔母、弟そして祖父と暮らしています。私が幼い頃父が亡くなり、母はそれ以来、家の唯一の稼ぎ手です。母は地元の市場で野菜を販売して、叔母は家事を手伝っています。私も母が野菜を販売するのを手伝っていて、弟と祖父の面倒も見ています。私は学校の先生に触発されました。また、多くの困難にもかかわらず私たち育ててくれている母もすごいと思います。私は将来、勉強と仕事を通して、家族を支えたいです。私たちのような貧しい家庭を支援するソーシャルワーカーになりたいです。

Google+